ただの恋人同士から、「生活を共にする間柄」になるのが同棲です。恋人同士では、お互いに時間を作らなければ二人で過ごすことができません。でも、同棲をするということは、嫌でもそこに帰らなければならない状態になるということです。同棲に限らず、結婚においても、「愛が情に変わる」などと言われています。ただ、情が悪いということではないですし、お互いの接し方によっても違ってくるものです。もちろん、愛が無くなるという訳でもないでしょう。愛が無くなると言うよりは、「恋が無くなる」と言う方が近いのではないでしょうか。常に相手のことを思うような熱い心は、愛ではなく恋心です。常に一緒にいられないからこそ、そのように相手を一途に思うものです。しかし、常時一緒に入られる状態になると、その欲求は満足するわけですから、終始相手のことばかり考えている状態ではなくなります。だからと言って、相手のことを思っていないわけではなく、ただ「いることが普通」になることを「愛が情に変わる」と表現する人がいるのでしょう。それは決して、「愛が消えた」わけではありません。相手に対して愛の継続を求めるなら、まず、自分が愛を継続すれば良いのです。常に「会いたい。今何しているのだろう」と考えていたものが、「いつでもそこにいる。毎日自分のところに帰ってくる」という安心感に変わるのは、とても心を安定させます。それがずっと続くと、いつしか「当たり前」に変わるでしょう。当たり前になってしまうと、いてくれるありがたさを感じにくくなってしまうのですー